凱旋門
最初へ前へパリ観光マップパリ地下鉄路線図パリの気温と降水量パリ 現地で役立つリンク集次へ
観光ガイド
凱旋門といわれる建築物は世界中にありますが、最も有名な凱旋門がパリにあるエトワール凱旋門。
 凱旋門はアウステルリッツの戦いに勝利したナポレオンの命によって1806年に建設が始まった。
しかし完成したのは30年後の1836年で既にナポレオンは死去しており、生前のうちに凱旋門をくぐることができなかったのは有名な話。
また第二次世界大戦時にパリを占領したヒトラーが凱旋門をくぐり、歴史的な場面での象徴として利用されることも多い。
 凱旋門はロータリーの中心にあり、ここから伸びる道路は12本もあり、文字通りパリの中心となっている。
そのため交通量は常に多く、凱旋門の下まで行くには、地下道を通っていく必要がある。
地下道をから地上に出ると凱旋門の真下に出ることができ、凱旋門の大きさを間近で体感することができる。
凱旋門の壁には彫刻もあり見所の一つ。
事前に何の彫刻かを勉強していくと楽しみが倍増する。
 また凱旋門には展望台もあり、地下でチケットを購入し、上ることとなる。
展望台からの景色は凱旋門を中心に放射状に造られた道路や、シャンゼリゼ通り、エッフェル塔など多くの有名な施設を見ることができ、パリの中心にいることを実感できる。
 凱旋門をベストショットで撮りたいなら、何といってもシャンゼリゼ通りの横断歩道から。
それもFranklin D. Roosevelt駅付近という少し離れた場所からが、丘の上に建つ凱旋門という感じでもっとも美しく見えるポイントである。

交通アクセス
メトロ1号線2号線6号線RER A線
 Charles de Gaulle Étoile駅


http://www.paris-arc-de-triomphe.fr/

リモート旅行
パリを仮想体験できるリモート旅行へ

フォトギャラリー

ロータリーの中心にある交通量も多い

地下道にあるチケット売り場

凱旋門の真下

壁に描かれた彫刻

展望台からの眺め

シャンゼリゼ通りからの絶景

周辺の地図

観光マップを開く(大きな地図)


凱旋門

ルイ・ヴィトン本店


【失敗しない、管理人が教える旅のコツ】

海外旅行でJCBのカードはNG!

海外旅行でクレジットカードが必須というのは常識ですが、ただ”JCB”のカードは使えないという話は聞いたことありませんか?
結論言うと、”YES”です。
実際のところ、使えないことはありませんが対応している店が少ないです。私は現金派でという人もいらっしゃいますが、ニセ札が横行している海外では現金は嫌がられ、取扱いしてない店もあります。事実、NYのチケット売場ではクレジットカードのみでした。しかも”VISA”か”マスター”のみ。
ホテルでもデポジットを要求されることがほとんどで、しかも”JCB”は使えないホテルも多くあります。
”VISA”か”マスター”のクレジットカードも持っていないければ、必ず作成するようにしましょう。発効までにはそれなりの日数が必要なので、いずれ海外旅行に行くようであれば今のうちに作っておきましょう!
>> [TOKYU CARD]オンライン入会


HOMEパリ旅行ガイド国情報 フランス都市情報 パリ
エッフェル塔の絶景ルーブル美術館の絶景パリ発オプショナルツアーEnglish