赤の市庁舎
前へベルリン観光マップベルリンの気温と降水量ベルリン鉄道路線図ベルリン現地で役立つリンク集次へ
ベルリンの天気予報ベルリン旅行ガイドベルリン発オプショナルツアー査証(ビザ)・入出国審査 ドイツ外務省危険情報 ドイツ

観光ガイド
 アレクサンダー広場から続く通りの好立地にある、赤の市庁舎。
赤の市庁舎は1869年に建てられた建物で、その名の通り、外壁が赤レンガと花崗岩を使用しており赤く見えることから、赤の市庁舎といわれている。東西分裂時代には、東ドイツのベルリン市庁舎として使用されていた赤の市庁舎は、統一後もベルリン市庁舎として使用されている。特徴的な中央にある鐘楼は毎日正午になると鐘が鳴らされる。

交通アクセス
 Klosterstraße駅

Klosterstraße駅からの経路
ベルリンテレビ塔からの経路

ホームページ
https://www.berlin.de/


フォトギャラリー


ベルリンテレビ塔にも近い

赤の市庁舎の象徴でもある、中央の鐘楼

周辺の地図
観光マップを開く(大きな地図)


ベルリンテレビ塔

聖マリア教会

赤の市庁舎

聖ニコライ教会

エフライム宮殿

 

HOMEMini旅行ガイド 海外世界の気温と降水量観光マップ鉄道路線図メニュー
旅行会社の電子パンフレットショッピングモールEnglishDeutsche