ラッフルズ卿上陸地点
前へシンガポール観光マップシンガポールの気温と降水量シンガポール鉄道路線図シンガポール現地で役立つリンク集次へ
観光ガイド
 シンガポールをイギリスの植民地として開発した、ラッフルズ卿。そのラッフルズ卿が初めてシンガポールに上陸した地点が、ラッフルズ卿上陸地点。
 未開の地だったシンガポールを開発したラッフルズは、シンガポール国民から慕われている存在で、シンガポールではラッフルズホテルをはじめ、至る所に「ラッフルズ」の言葉が使用されている。
 そのような存在であるにもかかわらず、ラッフルズ卿上陸地点の像だが意外と観光客は少なく、ビルを背景にしたベストショットは難なく撮影することができる。
 初めてのシンガポール観光なら、寄っておきたいスポットである。


交通アクセス
East West Line Raffles Place駅
North South Line Raffles Place駅
North East Line Clarke Quay駅



https://www.stb.gov.sg/




フラトン・ホテル

フラトン・ヘリテージ

マーライオン公園

ミニ・マーライオン

マーライオン

エスプラネード橋

シンガポール・クリケット・クラブ

国会議事堂

ボート・キー

ラッフルズ卿上陸地点

アジア文明博物館

クリフォード・ピア

エスプラネード・ドライブ

アンダーソン橋

リム・ボー・セン(林謀盛)記念塔

カヴェナ橋

ワン・フラトン

フラトン・パビリオン

OUEタワー

ザ・アーツ・ハウス

ナショナル・ギャラリー・シンガポール







川沿いにあるラッフルズ卿上陸地点



観光マップを開く


HOMEMini旅行ガイド 海外シンガポール旅行ガイド国情報 シンガポール都市情報 シンガポール
シンガポール発オプショナルツアーマリーナベイ・サンズの絶景English