誰もが感動する絶景がそこにある

Vol.033
 モレーン・レイク(カナディアンロッキー・カナダ)

 雄大な自然を見ることができるカナディアンロッキーのなかでも、最も美しいといわれる湖の一つ。モレーン・レイク。カナダの紙幣にも使用されているこの絶景はツアーでも簡単に行け、世界各国から多くの観光客でにぎわっている。

Vol.032
 凱旋門(パリ・フランス)
 多くの有名な観光スポットが多いパリの中でも、最も有名な観光スポットの一つである凱旋門。凱旋門は、ここから12本もの道路が放射状に伸びている正にパリの中心地である。なかでもシャンゼリゼ通りから眺めは絶景で、凱旋門が最も美しく見える絶景である。

Vol.031
 ケーブルカー(サンフランシスコ・アメリカ)
 サンフランシスコの名物といえばケーブルカー。坂の街サンフランシスコを疾走する姿は多くのガイドブックでも紹介されるほどの絶景。またケーブルカー名物のステップ乗りもどうしても体験してほしい。ステップからの景色はまた違った大迫力の絶景を見ることができる。

Vol.030
 聖ポール天主堂跡(マカオ・中国)
 マカオを代表する観光地で、世界遺産にも登録されている聖ポール天主堂跡。土地の狭いマカオにあって比較的広い敷地にある聖ポール天主堂跡は、常に多くの観光客が訪れ、写真撮影をしている。絶景写真を撮りたいなら、特徴である長い階段をどうカメラに収めるかがポイントとなる。

Vol.029
 ピサの斜塔(ピサ・イタリア)
 ガリレオ・ガリレイによる万有引力の実験で有名なピサの斜塔。実際に近くでみると、その傾きの大きさにまず驚く。この塔の屋上に上ることもできるので、さらに驚く。また広場にはピサの斜塔のほかピサ大教会などもあり、「ピサ・ドゥオモ広場」として世界遺産に登録されている。

Vol.028
 ホワイトハウス(ワシントンDC・アメリカ)
 世界の政治の中心地であるワシントンDCの中でも最も重要な施設がアメリカ大統領官邸でもあるホワイトハウス。警備の関係からかホワイトハウスが見える場所は正面と背面のほぼ2か所に限られる。その中でも遠近を使い分けることで様々な角度で絶景を見ることができる。

Vol.027
 姫路城(兵庫・姫路)
 日本を代表する城として真っ先に思い浮かべるのが姫路城。別名・白鷺城として呼ばれる姫路城は、歴史的にはあまり重要な役割は果たしていなかったが、その美しさで世界遺産として登録されており、海外からの観光客も多い。写真は修復前だが、その美しさは現在不変である。

Vol.026
 ブランデンブルク門(ドイツ・ベルリン)
 東西冷戦の象徴であるベルリンの壁。そんな中、唯一、東西の往来ができたブランデンブルク門。この門を挟んで様々なドラマが数多くあったのだろう。ベルリンの壁崩壊から数十年の年月が経ち、その存在自体も知らない世代が多い中で、後世に語り継ぎたい貴重な建造物である。

Vol.025
 ダイアモンドヘッド(アメリカ・ハワイ)
 日本人に最も人気のある観光地のひとつであるハワイのシンボル的な存在がダイアモンドヘッド。ワイキキビーチから見えるダイアモンドヘッドも場所や時間によって見え方が違い、それぞれが素晴らしい絶景をしている。またダイヤモンドヘッドは手軽に登頂も楽しめ頂上からの景色は感動もの。

Vol.024
 ワット・アルン(タイ・バンコク)
 仏教の国として有名なタイで、もっとも有名な寺院のひとつであるワット・アルン。日本では三島由紀夫の小説”暁の寺”の舞台となっていることでも知られている。美しく空に伸びる尖塔には展望台も設置され、チャオプラヤー川沿いに広がるバンコクの市街地を眺望できる。

Vol.023
 オペラハウス(オーストラリア・シドニー)
 ハーバーブリッジと並びシドニーを代表する建造物がオペラハウス。独特の形状をした屋根はオペラハウスのシンボルともなっており、世界遺産としても登録されている。シドニー湾に面した場所にあるオペラハウスは様々な場所から見ることができ、違った絶景を楽しめる。

Vol.022
 モニュメント・バレー(アメリカ・ラスベガス)
 アメリカ西部のグランドサークル内にあるモニュメント・バレー。その特異な姿は開拓時代のアメリカを連想させるもので映画の撮影にも度々利用されている名所。モニュメント・バレー内は専用のジープツアーがあり、それを利用して巡ることとなる。

Vol.021
 ペトロナス・ツインタワー(マレーシア・クアラルンプール)
 クアラルンプールを代表する超高層ビルであるペトロナス・ツインタワー。ペトロナス・ツインタワーの2つの塔は日本と韓国でそれぞれ建設したことでも知られる。これだけ高層なビルなのに意外と市内からは見ることができない不思議なビルである。

Vol.020
 コロッセオ(イタリア・ローマ)
 歴史的な遺跡が多いローマの中でも、最も有名な遺跡の一つであるコロッセオ。ローマ時代の闘技場として使用されていた円形のコロッセオは、古い部分の壁などもかなりあり、それが今までの長い歴史を物語っている。

Vol.019
 シェーンブルン宮殿(オーストリア・ウィーン)
 ウィーンを代表する世界遺産のひとつである、シェーンブルン宮殿。数あるウィーンの宮殿の中でも最も美しい庭園を持つ宮殿としてしられている。特に小高い丘の上にあるグロリエッテからの眺望は絶景。

Vol.018
 ナイアガラの滝(カナダ・ナイアガラフォールズ)
 カナダとアメリカにまたがる世界3大瀑布のひとつナイアガラの滝。ナイアガラの滝はカナダ滝とアメリカ滝があるが、馬の蹄のような美しい滝はカナダ滝。カナダ滝はカナダ側から見る必要があるが、国境の橋であるレインボーブリッジを渡ってでも見る価値はある。

Vol.017
 石垣島(日本・沖縄)
 日本の最南端ともいえる位置にある石垣島。島全体がサンゴ礁に囲まれ、透き通ったエメラルドグリーンの海を見ることができる。その中でも特に美しい景色が見れる絶景スポットをご紹介します。

Vol.016
 タワーブリッジ(イギリス・ロンドン)
 ロンドンを象徴するような観光スポットであり、テムズ川に架かる橋の中では最も有名な橋がタワーブリッジ。特徴である2つの塔は周りの近代的な建物と対照的に歴史的な雰囲気があり美しい。また跳ね橋としてもまだ現役で、1か月に数回は可動する。

Vol.015
 フィレンツェの街並み(イタリア・フィレンツェ)
 世界遺産にも登録されているフィレンツェの美しい街並み。レンガ色に統一された屋根が広がる姿は感動的。このフィレンツェの街並みの絶景を一望できるポイントはミケランジェロ広場とジョットの鐘楼の2か所。この2か所からの絶景を紹介します。

Vol.014
 マリーナベイ・サンズ(シンガポール)
 SMAPが出演していたCMで有名になったホテルである、マリーナベイ・サンズ。シンガポールの観光スポットが集中するマリーナベイ地区でも代表的な観光スポット。なかでも屋上にある巨大なプールからは、マリーナベイ・サンズを象徴する施設で、シンガポール市街地を一望することができる。

Vol.013
 ルーブル美術館(フランス・パリ)
 世界で最も有名な美術館である、ルーブル美術館。見どころが多いパリの中でも絶対に外せないスポットの一つ。展示されている作品は。「モナリザ」や「ミロのヴィーナス」など美術に詳しくない人でも知っている有名な作品も多い。作品としての絶景としても堪能したい。

Vol.012
 ミルフォードサウンド(ニュージーランド・クイーンズタウン)
 世界遺産にも登録されているミルフォードサウンド。ミルフォードサウンドは氷河が創り出した自然の絶景で、断崖絶壁の岩の壁が見どころ。またクイーンズタウンからの一本道・ミルフォードロードも絶景が多く、見逃せない。

Vol.011
 ビッグ・ベン(イギリス・ロンドン)
 ロンドンを代表する観光スポットとして世界中から人気のある、ビッグ・ベン。ビッグ・ベンはイギリスの国会議事堂にあたるウェストミンスター宮殿のクロック・タワーの名称。近年、エリザベス女王の在位60周年を記念してエリザベス・タワーと改称されたが、今なお、ビッグ・ベンという名称の方が定着している。

Vol.010
 万里の長城(中国・北京)
 広大な中国大陸を横断する約6,000kmにも及ぶ長い壁が、万里の長城。万里の長城の観光スポットはいくつかあるが、北京から最も近い八達嶺の観光スポットが有名。永遠に続くと錯覚するようなその長さは、まさに絶景である。

Vol.009
 レイク・ルイーズ(カナダ・カナディアンロッキー)
 北米の雄大な自然を堪能できるカナディアンロッキー。カナディアンロッキーには美しい山々のほか、多くの美しい湖があり、レイク・ルイーズは中でも1、2を争う人気の湖。エメラルドグリーンから、カナディアンロッキーの宝石ともいわれている。

Vol.008
 マンハッタンの摩天楼(アメリカ・ニューヨーク)
 世界経済の中心地・ニューヨーク。ニューヨークには世界の多くの企業が拠点を置く。中でもマンハッタン地区は超高層ビルが何本も建ち並び、現在でも建設・撤去が繰り返され日々進化している。

Vol.007
 プラハ城(チェコ・プラハ)
 プラハの市街地を丘の上から見守るように建っているプラハ城。何度もあったヨーロッパの戦争を乗り越えた歴史あるプラハ城は、幾多の歴史を語る威厳を感じることができる。

Vol.006
 台北101(台湾・台北)
 台北市街地のどこからでも見えるランドマークとなっている台北101。世界でもトップクラスの高さを誇る台北101は、全景をカメラに収めるのはちょっと大変。絶景といえるガラス張りの美しい外観の全景をベストなスポットで見てみよう!

Vol.005
 アンテロープ・キャニオン(アメリカ・ラスベガス)
 一度は行ってみたい絶景で、常に名が挙がるアンテロープ・キャニオン。壁のようにそそりたった岩の美しい縞模様は、ここでしか見ることができない。短い距離のアンテロープ・キャニオン内部であるが、絶景の宝庫ともいえる景色に感動が止まらない!

Vol.004
 錦帯橋(日本・岩国)
 現代では見ることのできないアーチ状の橋が連なる錦帯橋。山頂にある岩国城と城下町を結ぶ錦川にかけられた錦帯橋は、岩国城も背景に見ることができるベストスポット。錦川の氾濫により、何度か流され建て替えられているが、そのアーチ状の姿は当時のまま復元されている。

Vol.003
 ヨセミテ国立公園 (アメリカ・サンフランシスコ)
 サンフランシスコからのオプショナルツアーの人気スポット・ヨセミテ国立公園。広大なヨセミテ国立公園には、場所によって多くの絶景を見ることができます。

Vol.002
 シドニー・ハーバーブリッジ (オーストラリア・シドニー)
 オペラハウスと並ぶシドニーの有名な観光スポットであるシドニー・ハーバーブリッジ。巨大な橋は様々な角度から見ることができ、周囲の海や街並みなどと調和して絶景を演出しています。

Vol.001
 エッフェル塔 (フランス・パリ)
 世界で知らない人がいないほど有名な建造物であり、パリのシンボル的な存在。世界中から多くの観光客が訪れるエッフェル塔は、パリ市内のいたるところから見ることができます。


HOME世界の気温と降水量Mini旅行ガイド(海外編)絶景が見たい!